飼っている犬が段差を嫌い始めたら椎間板ヘルニアの可能性あり

犬

動物との別れを考える

お花

大好きなペットもいつかは寿命が尽きてしまいます。悲しい別れを考えると辛くなりますが、大事な存在だからこそペット葬儀を行ない、しっかりとした形で見送りたいものです。

More…

後ろ足にあらわれる症状

動物病院

犬でも椎間板ヘルニアになります。特にダックスフンドは胴が長く腰に負担がかかりやすい体形になっています。その為、日頃から運動や食事でしっかりとした体調管理が必要になってきます。犬が椎間板ヘルニアになっている場合は態度に表れます。初期段階であれば普段に比べて歩きたがらなくなります。腰や足に負担が出るので初期段階でも痛みが発生しています。ダックスフンドは小型犬ではありますが、好奇心おおせいな性格なので遊ぶ事が大好きです。そのダックスフンドが動きたがらないと状況というのは体に不調をきたしていると考えてみるべきなのです。

椎間板ヘルニアの症状が進行していくと、歩行の際に体がふらつき抱かれる事を嫌がります。骨盤の歪みが原因歩行困難に陥る為ふらつきが発生します。さらに、いつも抱く時と比べて抵抗する様であれば、椎間板ヘルニアは深刻になっていると言えます。この状態がさらに悪化すると後ろ足が立たなくなり、排尿にまで影響が広がってしまいます。悪化すると歩行も困難になり寝たきりになってしまい、生命力も衰えてしまいます。そうならない為にも、早期で食い止める必要があります。

犬の個体差によって椎間板ヘルニアが発症する確率が変わってきます。椎間板ヘルニアになりやすい犬というのは、胴が長く、肥満で小型という状態が最も危険と言われています。この様な条件にあてはまる犬種は、チワワやミニチュアダックスフントでしょう。運動量もさほどいらない犬種になっているので、餌の与え過ぎが原因で肥満になってしまいやすいです。

愛くるしい瞳の持ち主

犬

小型犬の中でも特に人気が高いのがチワワです。愛くるしい大きな瞳と軽快な動きが人々を魅了します。飼い主には従順な態度をとるのですが、警戒心は強いのでしっかりとしたしつけが必要になってきます。

More…

餌やおもちゃを販売

犬と猫

大阪のペットショップでは様々なペット関連グッズを販売しています。餌やおもちゃまで広く取り扱っているので、定期的に通う事をオススメします。大阪のペットショップでは定期的にメールマガジンの配信も行なっています。

More…