飼っている犬が段差を嫌い始めたら椎間板ヘルニアの可能性あり

ドッグ

動物との別れを考える

お花

人間の良きパートナーでもある犬や猫の寿命は通常10年から15年前後になっています。環境の変化や医療の進化で20年以上生きるペットもいますが、それでも人間に比べると短い寿命になってきます。近年ペットの存在は人間に近いものになっており、葬儀も行なわれています。どの様な形でペットを見送るかは個人の自由ですが、多くの方がペット葬儀を行ない気持ちの整理をしています。

ペット葬儀には様々な形があります。市営の火葬場や民間の火葬場でペットの遺体を火葬するのが一般的になっています。市営でペット葬儀を行なった場合には価格を抑える事が出来ますが、遺灰の返却が出来ません。その為何らかの形でペットの存在を残したいと考えている方は民間のペット葬儀を選んでみると良いでしょう。民間で行なっているペット葬儀では火葬後に遺灰を埋葬してくれる個別墓地や合同墓地があります。個別にするか合同にするかで管理費が変わってきます。予算に無理の無い範囲で選択すると良いでしょう。どちらの形の埋葬になっても、定期的にペットの供養を行なってくれます。月に1度のペースでお経を唱えてペット達の供養を行なってくれるペット葬儀も存在しています。多くの墓地では自由に訪れる事が出来るので、花や生前ペットが好きだった食べ物を備える飼い主も存在しています。

ペット葬儀はペットの為に行なうものですが、同時に飼い主の気持ちの整理にもつながります。長い間飼っていたペットが亡くなると言うのは、強いストレスの原因になってしまいます。ペットロスという言葉があるぐらい深刻な状態に陥る事もあります。そうならない為にもペット葬儀は必要なものと言えるでしょう。